前へ
次へ

イタリアンとフレンチの違いって何

イタリアンとフレンチの違いとは、その料理が作られた国がイタリアかフランスによって名称が決まることです。
作られた国が変わってくるので、料理を作る際の作り方やテーブルマナーなども大きく変わって来ます。
どちらも海外料理と言っても、食事を楽しむ中でその国の文化や歴史の中で作られて来たものを感じることが出来ます。
イタリアの場合は、オリーブオイルの生産国でもあるので、イタリアン料理にも多く使われていることがあります。
また、フランスの場合は、酪農が盛んに行われているのでフレンチでは乳製品が使われることが多いです。
このように、イタリアンとフレンチと言っても、調べていくととても異なるものだと分かります。
そして、テーブルマナーについても使い方や使うものが国によって違って来ます。
イタリアンとフレンチを食べる際には、それぞれの国のマナーや文化などを調べてから食べることで、よりその国を感じながら食事を楽しむことが出来ます。

Page Top