前へ
次へ

シンプル調理のイタリアンとソースが決め手のフレンチ

アジア人にとってヨーロッパは憧れであり、ヨーロッパの料理は日本人も大好きです。
イタリアンとフレンチはまさに、ヨーロッパ料理の代表選手であり、家庭でも簡単に作ることのできるメニューもあります。
似ているようで違いがある2つの料理ですが、イタリアンこそがフレンチの原型といっても過言ではありません。
その昔イタリアの貴族の女性が、結婚でフランスに移りました。
お金持ちの名門貴族ですから、イタリア人の腕の良いシェフも、結婚で嫁いだ際に連れて行ったのがきっかけです。
フランスにはこうしてイタリア料理が伝わった、歴史あるルーツがあります。
厳選した食材を使い味わいを活かすのがイタリアンであり、食材の良さを最大限に引き出すため調理はシンプルです。
納得のおいしさのソースを作るのが得意なのはフランス料理であり、キッチンスタッフが作るフレンチの美味しさの勝負はソースにかかっています。
味わいに奥行きを感じられるのは、素材を選ぶことと共に、ソースの味わいにもこだわりがあるためです。

Page Top